RubyKaigi2016に参加してきました

こんにちは、新卒エンジニアの轟です。
9/8-10 に京都で開催された RubyKaigi2016 に参加させていただきました。
RubyKaigi は、 Ruby というプログラミング言語に関する世界的なカンファレンスで、今年は970人もの方が参加されました。
RubyKaigi

ノハナとRubyの関係

ノハナでは、決済画面や決済に関するツールの開発やデータ抽出のスクリプトに Ruby を利用しています。決済システムの開発速度を重要視する中で、外部ツールとの連携環境が十分に整っていた Ruby を採用しています。
最新の Ruby の動向をつかんで、チームの開発力を向上させプロダクトの開発に活かすことを目的として参加しました。

 

セッション内容

RubyKaigiに参加して、これからのRubyについて発表が聞けたので、気になったものをいくつか紹介したいと思います。

Ruby3 Typing @Yukihiro “Matz” Matsumoto

Ruby3 における「型」の話でした。
Ruby は動的型付け言語のひとつです。動的型付け言語のメリットとして、試行錯誤が容易なこと・初学者が学びやすいことなどが挙げられます。一方。デメリットとしては、プログラムを実行するまでエラーが起きるかわからないことが挙げられます。
Ruby の型が今後どのような方向に進むのかという内容でした。具体的には、型推論に似た方法を利用することで、型を明示的に書かずとも、型のチェックを可能としたい。そうすることで、動的型付け言語のデメリットを少しでも緩和できるのではないかという発表でした。
また、2020年の東京オリンピックまでに Ruby3 をリリースしたいという思いがあるそうで、そんなビッグイベントが早く来ないか待ち遠しく思います。

 

Unifying Fixnum and Bignum into Integer @Tanaka Akira

Ruby2.4 における class の変更に関する話でした。
Ruby2.3 までのバージョンでは、数値クラスとして Fixnum と Bignum という2つのクラスがあります(Integerはその抽象クラス)が、それが Integerクラス に統合されるそうです。
この変更によって、 Ruby に対する学習のコストが減るため、プログラミングをはじめたばかりの人でもスムーズに入門できる言語になりそうです。
ノハナには該当する部分がありませんでしたが、数値クラスによって処理を分けているなど、プロダクトは注意が必要ですね。

 

SciRuby Machine Learning Current Status and Future @Kenta Murata

大規模なデータにもとづいて、ビジネスにおける意思決定をしたいという需要が高まってきています。その手段のひとつとして「機械学習」という方法があるのですが、今の Ruby が置かれている状況についての話でした。
現状、機械学習のコードは Python で書くということが主流になっていて、Ruby で機械学習を行う環境はまだ整っていません。Pythonと同じように Ruby で機械学習を実現するため、 SciRuby というライブラリの開発話や、今後の課題についての説明がありました。まだまだ開発途上で、まずは Python の環境に追いつくところを目標としているそうです。

 

参加してみて

このような世界的で大規模なカンファレンスに参加することが初めてだったので、とても刺激的で楽しかったです。
セッションの内容も、Rubyそのものだけでなく、内部的な実装についてなど深い話がいくつも聞けて、さらに勉強したいというモチベーションが上がりました。

個人的に「機械学習」に取り組んでいきたいと思っています。業務でも機械学習を利用した仕組みを取り入れていきたいと考えているので、Ruby で本格的な機械学習ができるようしたいという発表が聞けて期待が膨らんでいます。機械学習分野において Ruby が Python を超えられるか楽しみに思っています。

 

その他

お弁当

お弁当スポンサーのみなさまに、3日間豪華なお弁当を準備していただきました。特に、2日目のお弁当の仕掛けは、エンジニアとして非常に面白かったです。
%e5%9b%b31

夜の京都散策

2日目の夜、時間が少し空いたので伏見稲荷や八坂神社に行ってきました。
夜という時間帯だったこともあり、見学できる範囲が限られてしまったのが残念でしたが、綺麗にライトアップされていて、日中とは違う雰囲気を味わうことができました。%e5%9b%b32

 

最後に

このようなカンファレンスを開催していただいたスタッフ、ならびにスポンサーのみなさま、ありがとうございました。
このRubyKaigiへの参加に関する費用はすべて会社に負担していただきました。ノハナのみなさま、ありがとうございました。
来年の RubyKaigi も楽しみです!

iOSDCでハッピーについて話したよ

happy

こんにちは。iOSエンジニアの原です。
8/19-20に開催された国内最大級のiOSアプリ開発のカンファレンス iOSDC 2016 で「ハッピーな開発チームを築くためにiOSエンジニアがしたこと」というタイトルでLTさせていただきました。

LT内容の補足

せっかくのカンファレンスなので、普段できないエモい話をしたいと思い、このタイトルにしました。

開発しているサービスがグロースするためにしたこと

ドッグフーディングランチと競合調査ランチについて話しました。
ドッグフーディングランチは、楽しくかつ強制的に ドッグフーディングするために始めました。ドッグフーディング自体は、絶対に実施したほうが良いと思いますが、なによりサービスに合った形で、ユーザと似たような環境で実施することが大事です。また、エンジニアだけでやると、内部実装の話になってしまってUXが見えなくなってしまうので、いろんな職種の人が参加したほうが良いと思います。
競合調査ランチは、UX戦略という本に影響されて始めました。競合サービスにも触れることにより、自社サービスを俯瞰的に眺めることができるようになったと思います。
各ランチ実施後は、参加者がesaに意見をまとめていて、グロースハックのための重要な資料になっています。

早く帰れるようにするためにしたこと

ノハナでは、開発チームにディレクターがおらず、エンジニアとデザイナがタスクと進捗の管理をしています。
そんな中で発生した問題について、 開発フローの明文化 というアプローチをとった話をしました。この施策をすすめるにあたって、最初はルールが増えることに抵抗がありましたが、結果的に問題解決とそれ以外にもいい効果があったのでLT内容に含めることにしました。

成長できるようにするためにしたこと

社内で実施したデザイナー向けStoryboard勉強会について話しました。お互いの価値観やスキルを理解できたほうが、ハッピーに仕事ができると思っているので、 デザイナーとエンジニアの文化の調和 を実現したいと思っています。それを実現するためにやってみた施策ですが、なかなかうまくいった気がしているのでLT内容に含めました。
この勉強会で使用した資料は↓で公開しているので、見てみてください。
(問題があったらissueを投げつけるなり、PRしていただけるとありがたいです。ついでにStarボタンもポチッと!)

逆に、エンジニアもデザイナーのことを理解する必要があると思っているので、デザイナーにも勉強会の開催をおねがいしています。

健康でいられるようにするためにしたこと

一番話したかった内容がこれです。
ヘビーな内容を、できるだけライトな感じで話せるように工夫しました。
自分の周りに病気の人がいなくても、いつだれが病気になってもおかしくないし、病気になってしまうと本当に厳しい状態になってしまうので、どんな病気があって、どういう症状があるのかだけでも多くの人に知っておいて欲しいです。

みんなのメンタルヘルス|厚生労働省

LTの反響

緊張してうまく話せなかった気がしますが、反響も多くいただけたので良かったです🤗

当日の様子

Flickrで写真が公開されています。
iOSDC Japan 2016 | Flickr

iOSDCについて

iOSアプリ開発に関する、ほぼはじめての大規模なカンファレンスということで、ずっと楽しみにしていて、前夜祭では1番乗りで会場入りしてしまいました笑

そして、期待を裏切らない(期待以上に!)素晴らしい会でした!
公式サイト、会場、受付、ノベルティ、懇親会、発表内容、参加者の熱気…すべてが最高だったとおもいます。
このような会を開催していただいた、スタッフの皆様、スポンサーの皆様ありがとうございました!!
また来年も楽しみにしています🤗🤗🤗

月例会の様子をお届けします

こんにちは、ノハナの大森です。
ポケモンGO、すごいですねー。夏休みに入った息子と捕まえたポケモンのキャプチャをノハナにアップして、図鑑のようにまとめてみたいと思う今日この頃です。

さて、昨日はノハナの月例会が行われましたので、その様子をご紹介したいと思います。

ノハナでは、毎月半ばに月例会を実施しています。社内のコラボレーションスペースに集まり、前月のKPIの達成状況やプロジェクトの進捗状況について、私やプロダクト責任者から報告しつつ質問を受け付け、オープンにディスカッションを行っています。

写真 2016-07-21 16 02 55

せっかくですので、これを機に、ノハナ社が設定しているKPIを紹介させていただきます。

まずノハナでは経営方針として、「1.社員の幸福」「2.ユーザーの笑顔」「3.会社の業績」という優先順位を置いています。「幸せな社員が誇りを持って働くことで、ユーザーに素晴らしいサービスを提供でき、結果的に会社の業績につながる」という、当たり前のことを信じて愚直に取り組むことが結果に繋がると、私たちは経験から学んでいるからです。

そして会社としてのKPIも、この3項目にあわせてそれぞれ設定されています。

■社員の幸福(KPI:模索中)
…と言いながら、最も優先度の高い本項目についてのKPIは、まだ模索中です。一般的には従業員満足度やeNPSといった指標を用いるのでしょうが、現在のノハナの規模にはそぐわないのと、最低でも月次でモニタリングできる指標をKPIにすべきだと考えているので、少し難しいのかなと感じています。そこで現在は暫定的に、「体調(これは週報で自己申告してもらっています)」「残業時間」「社員紹介による採用活動の状況」という3つのサブKPIをモニタリングしています。この3つが良好な状態であれば、概ね社員は幸せであると言えると考えるからです。
※なお、2016年6月は、体調:3.38(5点満点)平均残業時間:22時間となりました。体調は3.5以上、残業時間は30時間以内というのを1つの目安にしているので、体調はもう一歩といったところでしょうか。

■ユーザーの笑顔(KPI:NPS)
ここについては、以前はユーザー満足度調査を参考にしていましたが、項目が多く分かりづらい等の課題がありました。そこで今年度からは、顧客ロイヤリティを計測する指標として近年国内でも注目を集めているNPS(ネット・プロモーター・スコア)という指標を用いています。こちらについては別の機会にお伝えできればと考えていますが、シンプルで全員の向かう方向を統一しやすいため、なかなか有効な指標であると感じています。
※なお、2016年6月は、NPS:31となりました。こちらは目標は高く50を目指して日々施策に取り組んでいます。

■会社の業績(KPI:売上・利益)
業績については、当然、売上・粗利・営業利益といった指標を追っており、ノハナでは全従業員にオープンにしています。実はノハナの場合、年末の年賀状サービスが売上・利益のそれなりの割合を占めますので、短期的な業績に一喜一憂しすぎるべきではありませんが、それでも、社員1人ひとりが意識を持って取り組むことは非常に重要です。

今後も毎月、各KPIの達成状況について共有していければと思います。

さて、私からの会社KPIの発表の後は、各プロダクト・プロジェクトの責任者からそれぞれ報告してもらいました。写真は、ノハナ事業部副部長の向田。

…みんな深刻な表情をしているように見えますが、実際はもうちょっと和やかにやってます(笑)

写真 2016-07-21 16 19 02

 

また今月は、新卒3名で手がけた「くまもと笑顔プロジェクト」の報告もあり、新卒エンジニアの轟(ロッキー)が立派に発表役を務めました。親会社であるミクシィの人事担当も温かく見守ってくれ、発表後には先輩社員から温かい拍手が。緊張したかと思いますが、お疲れ様でした!

写真 2016-07-21 16 30 44

一連の報告が終わった後は、頑張った1ヵ月をみんなで労いたいとの思いから、みんなでおやつを食べるようにしています。今月はハーゲンダッツのアイスクリームを用意しました! すごい争奪戦が繰り広げられております。

写真 2016-07-21 16 56 17

写真 2016-07-21 16 57 53

「同じ釜のメシを〜」ではありませんが、やっぱりいいものですね。

これからノハナは年末に向けて忙しい時期に入っていきますが、引き続き、社員一同、走り続けていきたいと思います!

1 2 3