2016年5月 アーカイブ

ちょっと変わった社員研修

こんにちは、ノハナの大森です。
本日は、ノハナのちょっと変わった社員研修について、お話したいと思います。

ノハナでは、この4月から5月にかけて10名近くメンバーが増えました。昨年度までは約20名の組織でしたので、急に1.5倍になった計算です。新メンバーは新卒もいれば中途もいて、また年齢やバックグラウンドや職種も皆バラバラです。よく組織は、30名を越えるとコミュニケーションの壁に打ち当たると言われています。誰がどんな業務を担当しているのか見えづらくなってきたり、古いメンバーと新しいメンバーで情報格差が生まれたり、スタッフ同士の利害が対立する場面が出てきてしまったり…。

でも私は、これまでの経験から、そういった問題の多くはメンバー同士の相互理解の不足から起こることも多いように感じていました。ノハナでは、Slackを通じたチャットコミュニケーション、朝礼でのひとことコーナー、週1回のシャッフルランチなど、相互理解の場を多く設けています。ですが、もっと深く個人の価値観までお互いに共有し合えたら、きっとよりよい組織になるはずです。

そんな問題意識から、今回の研修を行うことにしました。
●富士山に登ってみる
●フルマラソンに出場してみる
●座禅を組んでみる
…などなど様々な有力案(?)が出た中で、「絵を描く」ワークショップを全員でやってみることにしました。
この研修は、ホワイトシップさんが企業や個人向けに提供している人気プログラムです。

研修は5/13(金)の午後、赤坂にあるアトリエで行われました。
まず、「鑑賞ワーク」を通じて、ある1枚の作品からどのような印象を受けるかを、各自ポストイットに書いていきます。
2_IMG_3241

こちらがその結果。この作品が地図に見えた人もいれば、子どもが遊んでいる様子に見えた人もいて、社員の数だけ視点があることが分かります。仕事でも、この多様性こそが重要で、尊重すべきものなのだと改めて認識。

5_IMG_3254

次にいよいよ、パステルを使って、1枚の紙にひたすら絵を描いていきます。今回は、「働くうえで大切にしていきたいこと」をテーマに選びました。みんな、とても真剣です。。。

8_IMG_3266

50分ほどかけて描いた絵は、額に入れて完成です。相互鑑賞を行った後、どのような思いを込めて描いたか、1人ずつ、グループ内で発表していきます。

今回のようなテーマについては、どんなに気心が知れた仲間でも、あまり直接話すことはないと思います。お酒の席で熱く語り合ったりすることはありますが、それでもちょっと恥ずかしいものです(しかも、翌日、覚えていなかったりします…)。ですが、絵の力を借りることで、不思議と正直な気持ちが表現しやすくなるようです。メンバーの再確認できた一面や新たに発見した一面が多々あり、貴重な機会となりました。

また私も、自分が大切にしていたきたい3つの軸を絵に表現し、発表させてもらいました。
1.社員とその家族を幸せにすること
2.世界中、宇宙中のユーザーを笑顔にすること
3.営利企業として正しく利益を追求すること

これからも、初心を忘れずに、頑張っていきたいと思います。

IMG_5078

最後に、全員で記念撮影!
新メンバーの力も結集し、引き続きユーザーの皆さんに感動していただけるようなサービスを提供していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

IMG_5101

おまけ)その後に開催された懇親会も、大いに盛り上がりました!

IMG_20160513_211038

熊本を訪問してきました。

こんにちは。ノハナの大森です。
昨日は、熊本にあるノハナの製造工場を訪問してきました。

ノハナのフォトブックは、すべて熊本の協力会社が製造を行っています。立ち上げから3年間、一緒にノハナを盛り立ててくださっている大切なパートナーです。今回の地震では工場に大きな損壊はなかったものの、スタッフの方の中には自宅が倒壊してしまった方もいるとのことで、大変心配していました。

地震発生後、私が心を動かされたのは、そんな状況の中でも、懸命にノハナの製造を続けるスタッフの皆さんの様子でした。

本震の発生後、私は事態の大きさに驚愕し、「ユーザーさんからの受注を全面的に停止するので、皆さんの心身の安全を最優先してください」と協力会社にお願いをしました。ですが返答は、「受注を停止しないで欲しい。復旧できるよう最善を尽くすので、判断を待って欲しい」というものでした。

当時は震度5クラスの余震が頻発していた時期です。水道も止まっているような状態で、物資も十分ではなく、何より精神的な負担は想像を絶するものがあったはず…。それでも、「ノハナの製造を続けることが、我々の励みになるんです」と力強くおっしゃる姿に触れて、私は彼らの意志を尊重することにしました。

結果、ノハナの製造ラインが止まったのは、震災後ほんの2~3日間で済みました。中には工場に泊まり込んでまで復旧作業を続けてくれた方もいたとのことです。ユーザーの皆さんには、特急オプション等がご提供できずご迷惑をおかけしてしまいましたが、なんとか最小限でとどめることができました。

そこで1日も早く現地に駆けつけてお礼をしたいと思い、無理を言って訪問させていただいたのです。

熊本は、一部被害が甚大だったエリアを除き、少しずつ日常を取り戻しつつあるようでした。車のラジオからは、熊本市内で通常ゴミの回収が再開されたというニュースや、家具の転倒を防止する用品の紹介や、地震をきっかけに旧友と再会できたというリスナーからの投書などが流れていました。そこに共通して感じられたのは、今回の地震をいい意味で“過去のこと”にしていこうという前向きでした。

工場も事前に聞いていた通り、大きな損傷はなく、パートさんがいつもより少ないこと(小学校が9日まで休みのため)以外は、生産は通常どおり行われていました。気になっていた、自宅が損壊してしまった社員の方も、「もともと近いうちに建て直すつもりだったので、時期が早まったと思えば何てことないですよ」と明るくおっしゃっており、とても安心しました。

私からは、ユーザーの皆さんから日頃寄せられている感謝のメッセージを、一枚のボードにして贈りました。出発前から、私は現地の方々に何をお伝えすべきか悩んでいました。が、やはりそれは「感謝」以外にないと考え、ユーザーさんのお力をお借りすることにしたのです。おかげさまで、大変喜んでいただけたようです。

メッセージポスター

もちろん、熊本の完全な復旧にはまだまだ多大な苦労があるはずです。ノハナでは、熊本の復興を応援するキャンペーン等についても今後展開していきたいと考えていますので、その際は、ぜひご協力をお願いできれば幸いです。

では、また。