ノハナノハナシ

はじめまして、ポストカード作成アプリ「えこよみ」です

こんにちは。えこよみ運営メンバーの渡邉です。

2月末にノハナ社の新規アプリとして、写真1枚で子どもの成長を届けるカレンダー付きのポストカードアプリ「えこよみ」をリリースしました。

今回は生まれたてのえこよみの、あれこれをご紹介したいと思います。

えこよみって?

えこよみは、ユーザーインタビューからヒントを得て「離れて暮らす両親に、もっと簡単に成長の記録を伝えたい」という想いに応えるべく、立ち上げたサービスです。
使い方はとてもシンプルで、写真を1枚えらんで宛先やメッセージを一言そえるだけ。
注文後、約1週間ほどでポストカードが宛先に届きます。

SNSやメールで簡単に写真の共有ができる時代ではありますが、データだけで完結しない実物のポストカードが届いたときの温かみや嬉しさを、大事にしています。

えこよみのチームメンバー


チームメンバーは7名!各職種から1人ずつ、熱意のあるメンバーが集結しました。

今の立ち上げメンバーがはじめて顔を合わせたのは、まだ暑い2017年の8月半ば頃。
今でこそ、わきあいあいとしていますが、このチームメンバーで新規プロジェクトに挑むのは初めてでした。

最初は会議の進め方や、仕様の認識合わせでも苦戦しましたが、今では毎日のように機能改善や追加開発について意見が飛び交うほど、活発にコミュニケーションを取り合っています。

リリースまで

本格的にメンバーがアサインされ、開発に着手したのは10月頃。
基本的には分業スタイルを取りつつ、適宜集まって認識を合わせながら、リリースまで各自責任をもって準備を進めてきました。

10月から、QAが本格的に開始される年始までは時間が怒涛のように過ぎていき、あっという間にリリース目標の2月に突入しました。
2月初旬にはポストカードの品質や、印刷・検品・出荷工程の確認ということで、チームメンバーで雪の降る中、ポストカードの制作を委託している鹿児島の工場へ。

リリース直前まで、ユーザーさんにより良いサービスが提供できるように、チーム一丸となって最終調整を行いました。

リリース当日の様子


リリース当日のメンバーは、ついにえこよみアプリが世に出る嬉しさと、万が一何か起きたら、という不安半分で朝からそわそわ。

朝一で近くの神社にお参りに行き、えこよみ誕生のお知らせと、リリース後の無事をお祈りをしてきました。

その後オフィスにもどってAndroidアプリをストアに公開後、メンバーの1人がサプライズで用意してくれたクラッカーがオフィスに鳴り響き、ちょっとしたお祭り状態に。
無事確認も完了し、大きな問題もなくメンバー一同ホッとしました。

ケーキ!ケーキ!


リリース当日はこれまでがんばってきたご褒美ということで、上長の配慮もあり、ふだんではちょっと食べられないようなリッチなケーキをいただきました。

ノハナではお祝いごとには度々ケーキが登場しますが、がんばった後のケーキの味は格別です。

思い出の写真はポストカードに


せっかくなので美味しいケーキと一緒に写真を撮り、メンバーにもポストカードを贈ってみました!さっそく、ホワイトボードや机に飾って楽しんでいます。
社内の方へのちょっとしたメッセージやお礼に贈っても良さそうです。

最後に

ノハナ社で新規サービスの立ち上げプロジェクトに参加するのは初めてでしたが、チーム一丸となって1つのサービスを作り上げていくのは、とても達成感があります。
立ち上げだけで満足するのではなく、ユーザーの皆さんにもっと楽しく、快適に使っていただけるような企画をチームで絶賛準備中です。

これからの「えこよみ」の成長に、ぜひご期待ください!


Comments are closed.