‘会社のハナシ’

社内の英会話レッスン

こんにちは、ノハナで品質管理を担当している田井です。
今回は社内で取り組み始めた英会話レッスンについてお話したいと思います。

english-lesson-1

きっかけ
ノハナでは社員が自分の得意分野について勉強会を開いています。
そのうちの一つが今回ご紹介する英会話レッスンです。
私自身がオーストラリアの大学に留学していた経験を活かし、ぜひとも社員の英語力のアップに貢献したいと取り組んだのがきっかけです。

レッスンへの準備

準備するにあたり、1回目のトピックは何が良いかを考えました。 社員の英語力は人それぞれ、苦手な人もいれば、得意な人もいます。 レベルの違う社員にどういうことを教え、社員全員がどうしたら楽しんで英語を学んでもらえるかを考えました。

そこで思いついたのが、日常で使える英会話でした。

渋谷駅近くという土地柄から海外の旅行者の方が多くいらっしゃいますし、ガイドブックや地図とにらめっこしたり、一緒にいる友達と「こっちだ、いやあっちだ」と困っている光景もよく見受けられます。
そういった光景を見たときに自然と手を差し伸べられればと思い、今回は道案内や電車の乗り換え案内をメイントピックとして選びました。

レッスンにむけての準備過程で、私も忘れていた表現を思い出したり、新しい発見をしたりと、とても勉強になりました。 レッスンを受ける側だけでなく、レッスンをする側も成長できるのが社内レッスンの良いところでしょうか。

レッスン当日

今回のレッスンは2回に分けて各1時間、合計で12名ほどのメンバーが集まりました。

english-lesson-2

最初は英語のイントネーションの話をしました。 日本語はどちらかというとイントネーションがなく、平坦な口調で話すことが多いですが、英語は違います。
イントネーションのつけ方により、同じフレーズでも相手に与える印象が変わったりします。 英語を話すときにイントネーションを意識してもらうことにより、より伝わりやすくなります。

イントネーションの次に「道案内」の英語を勉強しました。
道案内では「Do you know how to get to 〜?」とか「Could you tell me how to get to〜?」のように聞かれることが多いです。
道案内に使う単語を知らないと難しいところもありますが、例えば「この道を行って、2つ目の信号で左折してください。 そうしたら右手に見えますよ。」と答えたいときは、
「Go down this street, and turn left at the 2nd signal. Then, you’ll see it on your right.」と答えたりします。
右折とか左折など道案内で使える単語を覚えておくと、比較的スムーズに案内できるかもしれません。
また、全く土地勘がない場合ははっきりと「わかりません」と伝えることも大切です。
「I’m sorry, I am a stranger here,too.」などと伝えるのが良いと思います。

いくつか例としてあげましたが、このように実際に使える英語のフレーズを使いレッスンを行いました。
例文以外でも「こういうときはどのように言えばいいのか?」や「こういう使い方はできるのか?」などの質問も多く飛び交い、とても内容の濃いレッスンになりました。

最後に

今後も定期的に英会話レッスンは続けて行きます。 何事もそうですが、「継続は力なり」ですね。
英語で言うと、「Continuity is the father of success.」でしょうか。
このレッスンを通して、社員が日常生活で英語を積極的に使うようになってもらえればと思っています。

熊本のこどもたちに笑顔を届けたい

こんにちは、ノハナデザイナーの日野です。

新卒として、5月に私を含めたデザイナー職・総合職・エンジニア職に各1人ずつ、計3人がノハナに配属されました。そんな新卒の3人で、とても重要なプロジェクトを任されました。
そのプロジェクトとは、弊社代表の大森が以前ブログでチラッとお話ししていた、地震で被害を受けた熊本の復興を応援する、「くまもと笑顔プロジェクト」です。

img3

新卒3人での取り組み

5月に配属されて1週間後…この熊本の復興を応援するプロジェクトを任されました。右も左もわからない状態で、どんっと大きなプロジェクトを任され、楽しみ半分不安半分でした。

短い期間の中で、3人で毎日会議を開いてきました。土壇場で企画自体の変更が!なんてこともありましたが、周りのノハナの先輩方に支えてもらいつつ、なんとか「リリースできる!」という状態まで持ってくることができました。疑問点や企画の相談など親切に対応してくださったノハナの先輩方には感謝です。

企画が決まると、次は3人で役割を決めて作業を始めました。
デザイナー職の私は、今回のプロジェクトのバナーデザインや、スマホ画面のデザインを担当しています。早い段階から、デザインを担当させてもらえることができてとても嬉しいです。ノハナのデザイナーの皆さんにたくさんアドバイスをいただきながらデザインを作成してきました。
総合職の一人はお知らせページの作成や、バナー、画面などに使用される文言の作成などをしました。
エンジニア職の一人は、それら全部のデザインを、実際に画面にはめ込んたり、機能の作成をしました。
3人で毎日会議で各々の進捗報告をし、お互いのサポートもしてきました。

配属されてまだ1ヶ月ちょっとで、日々わからないことだらけですが、こうやって最初から新卒3人でプロジェクトを任せてもらい、毎日とてもやりがいを感じています。

photo1

「くまもと笑顔プロジェクト」の想い

ノハナのフォトブックは、製造および発送を熊本にある工場で行っています。立ち上げから3年間、一緒にノハナを盛り立ててくださっている大事なパートナーです。4月14日、16日と大きな地震が熊本を襲い、それから約2ヶ月。工場の製造ラインは復旧し、仮設住宅がいくつか完成してきて、目に見える復興は少しずつ進んでいます。しかし、今も続く余震の中で、不安や心配を抱えているこどもたちがたくさんいます。そこで、次の復興へのステップとして、こどもたちの心のケアが必要なのではないかと、私たちは考えました。

大事なパートナーがいる熊本の、ほんの少しでも力になりたい。1人でも多くのこどもたちを笑顔にしたい。そして、たくさんのこどもたちが笑顔になればきっと、「1組でも多くの家族に笑顔を届ける」ことができるのではないか。そんな想いでこのプロジェクトの企画に取り組んできました。

「くまもと笑顔プロジェクト」とは…?

フォトブックの注文の際に、表紙・裏表紙にデザインを追加できる「表紙デザインオプション」(108円)を追加いただくと、「表紙デザインオプションによる売上の半分」を地震で被害を受けた熊本のこどもたちのために寄付いたします。
小額よりご参加いただけますよう、上記メニューを寄付金の対象とさせていただきました。具体的な寄付先は最終調整中ですが、熊本県のこどもたちの心のケア、そして笑顔にする活動を行っている団体へ寄付いたします。決まり次第、ノハナよりご報告させて頂きますので、よろしくお願いします!

photo2

「表紙デザインオプション」とは、表紙・裏表紙にデザインを追加できるオプションです。季節のモチーフを散りばめた月替りデザインや、ギフトや記念日など時期にかかわらずご利用いただける、通年デザインもご用意しています。

最後に

企画内容を決めるのにも紆余曲折がありましたが、無事みなさまに公開することができて嬉しいです。
「くまもと笑顔プロジェクト」は本日、6月13日15時より実施されています。みなさまのご協力、お待ちしています。どうぞよろしくお願いします!

esaによる社内活性化

こんにちは、ノハナの原田です。
サーバーエンジニアです。

最近、社内ナレッジ共有のためにesaというWebサービスを導入しました。
社内の活性化に寄与しているのでここで紹介します。

esa_login

導入のきっかけと選定

ノハナではナレッジの共有に、プロジェクト管理ツールに付随しているWikiを使っていましたが、以下のように使いづらい点がありました。

  • 記事を書く際にリアルタイムプレビューがない
  • 記事を書く際に画像をドラッグ貼り付けできない
  • 記事URLに記事タイトルを含んでいて、タイトル変えるとリンク切れになる
  • 更新通知がメールだけでWebHook通知ができない

さらに、この1年でメンバーが20人から30人の規模に膨らんでおり、既存ツールの運用見直しや移行の機運が高まってきた中で、有志メンバーによって移行の検討が始まりました。

同様のサービスがたくさんある中で、4つ候補が挙がりました。機能一覧をまとめて機能の有無を俯瞰した後、使い勝手の観点項目を用意して数人のメンバーに評価してもらいました。結果、優位性で2つに絞った後、esaを採用することに決めました。

管理面のようなシステマチックなUIよりかは、使っていて楽しいもの気持ちの良いもの、そして、鳥のアイコンの親しみやすさが後押しになった気がします。

esaの特徴

esaには大きな特徴が2つあります。

1つ目は、WIPの概念です。
Work In Progressの略で作業中を意味します。情報や思考の途中書きを、未確定ながら公開することで緩い共有を先んじて行い、早期の確認や指摘を受け入れることができます。結果、効率の良いコミュニケーションにつながります。esaには下書きという非公開状態はありません。

2つ目は、ツリー構造の管理です。
整理しやすく見通しが良くなります。構造変更も一括で可能なので、管理の変更に対して柔軟に対応することができます。

esaには権限設定がありません。
チーム内は情報公開するというポリシーを維持しているようです。ノハナでは、ツール類のIDやパスワードなどは既にセキュアかつ権限設定可能な別Wikiを運用していたため、許容できました。これらをesa1つに寄せることは現状できません。

運用状況

既存のWikiに溜まっていた記事をesaに移行して、トップ階層は「ノハナ社」「各プロダクト」「各職種」で運用を開始しました 。

esaツリー構造

有志メンバーが隔週で集まり、古い記事群の精査やツリー構造下層の議論や編集を行っています。タグの利用は一旦控えていて、様子を見ている状況です。

ちょっとした意見や機能の要望はesaに送っています。フィードバックがすぐに返ってきます。受け入れてもらった機能が提供されるのを心待ちにしています。

利用状況

業務に関する記事が9割ぐらいで、多くのメンバーの投稿に気付きやすく絡みやすくなりました。

ノハナでは金曜日に全メンバーが週報を書いて共有しているのですが、以前はチャットに直に書いて流れていってしまったものを、今はesaに書き溜めて、確定時にリンクを通知する仕組みにしました。私は月曜日から週報をWIP状態にして日々更新していくやり方を取っています。

残りの1割は、近隣のランチのお店情報から、趣味や自己紹介に至るまで様々です。新旧メンバーの相互理解や仲良くなるきっかけになってくれることでしょう。今思えば、よく業務の情報と同居してるなと不思議に感じますが、esaだからこそ成立している気がします。

esa趣味ページ

 

以上です。他にも社内の取り組みを紹介していければと思います。

追記)
この記事をきっかけにesaの方からインタビューを受けることができました。
esaの運用や活用をさらに深掘ってお話ししてるのでぜひ読んでください!
esaを使ってるうちに、メンバーのディープな一面が見れて仲良くなれた。 – Vol 2. 株式会社ノハナ様

1 2 3 4