‘会社のハナシ’

社内イベント「ノハナデザインスプリント」を開催しました

こんにちは、ノハナに入社してから2ヶ月ちょっとになる渡邉です。
今回は、10月中旬に実施した社内イベント「ノハナデザインスプリント」についてご紹介したいと思います。

「ノハナデザインスプリント」って?

nds_1

今回開催したノハナデザインスプリントのテーマは、ズバリ「優勝して叙々苑の高級な肉を食べまくること!」ではなくて、「フォトブックの注文率を10%アップさせるために何ができるかを考えること」でした。

イベントを開催することになった背景のお話ですが、ノハナでは会社として下期目標を達成するために3つのミッションを設定しています。その中で唯一解決策にまで落とし込めていなかったのが、今回のテーマである「注文率アップ」でした。

一方、ノハナのメンバー内からは課題の解決に繋がりそうなアイデアがいくつかでてきていました。なにより得意分野の異なるメンバー同士が知恵を出し合えば、きっと名案が生まれるはず!ということで、キックオフから1ヶ月あまりで当イベントは開催されることになりました。

余談になりますが、当日の会場はランチや休憩をとる際に使用しているコラボスペースにしました。いつも業務を行っているオフィスよりも広く、開放的な環境なのでリラックスして課題に取り組むことができました。

イベントの実施とルール

イベントの実施に際して、いくつかのルールが設けられました。それによってアイデアはある程度、実現可能性を意識した内容になります。具体的には下記のようなルールがありました。

・3人1組のチームで課題に取り組むこと
・各チーム最低10案出し、その中でも自信たっぷりの1案を模造紙にまとめて発表すること
・施策の実現にかけられるリソースは「アプリエンジニア×2名、サーバエンジニア×1名、デザイナー×2名、総合職×1名」とする
・下期中にリリースし、効果測定を行うこと

nds_2

もちろん施策を実施することでユーザビリティが落ちるなど、ユーザーさんにとってマイナスになるアイデアは厳禁です。今回の課題は限られたリソースと期間の中で、売上や冊数ではなく「注文率」を10%アップさせるという少し難易度の高い内容だったので、各チーム、施策の案出しや数字のシミュレーションには苦戦しているようでした。行き詰った時には時間を指定して上長からのメンタリングを受けたり、「肉!肉!」と互いを励まし合うチームもありました。

始業と共に開始したイベントですが、チームごとの議論や資料作成は白熱し、気がつけば窓の外も暗くなって、あっという間に発表の時間がやってきました。

各チーム、自信たっぷりの1案を発表!

全員が同じ課題にチャレンジしたにも関わらず、なんと重複や類似した発表は全くありませんでした。各メンバーの経験や特色が良い形で表れた結果だと思います。注文率アップのために今のノハナサービスには備わっていない全く新しい機能の追加を提案するチームもあれば、運営側の都合でユーザビリティが損なわれている既存機能の改修について説明するチームもありました。

nds_3

新しい機能のアイデアとしては、注文件数に応じてちょっとしたプレゼントを贈る「ノハナちゃんボーナス」や、左右に写真をスワイプすることでフォトブックに使用する写真の取捨選択が簡単に行える「poi(ポイ)機能」などが発表されました。どの案もユーザーさんの注文が今よりももっと楽しくなるような内容なので、聞いていてワクワクしました。

nds_4

既存機能の改修案としては、チュートリアルでアップロードできる写真の枚数を増やすアイデアがでてきました。衝撃的なことに、写真を複数枚同時にアップロードすることができなかったサービス開始当初の名残により、現状チュートリアル時にアップロードできる写真の枚数が1枚であることが判明しました。
この発表についてはメンバーからも大きな反響があり、また初回ユーザーさんの使い勝手が大きく改善されることが見込まれるので、実際の改修に向けて前向きな検討が始まっています。発表を通して、ユーザーさんの目線でサービス設計を見直す必要があることを改めて痛感しました。

nds_5

プレゼンの表現は自由でしたが、中にはコミックテイストで、インパクトの強い資料を作成するチームもあり、メンバーの関心を誘いました!

nds_6

各チームの発表が終わると質問タイムに移りますが、メンバーからは多くの手が挙がり、時間いっぱいまで質疑応答が活発に行われました。

発表が終わったら、1番良いアイデアを発表したと思うチームへの投票を行いました。開票してみると各チーム、票数が拮抗するという結果に!どのチームのアイデアもノハナの現状をしっかりと捉えており、それを現実的な解決策にまで落としこめていたので、当然の結果かもしれません。激戦の中で見事優勝した1チームにはお約束通り「叙々苑お食事券10,000円分」が人数分贈呈されました!

発表後にはお待ちかねのお寿司パーティー!

nds_7

発表後には、おつかれさまでしたということで、豪華なお寿司パーティーを開催!職人さんが目の前で握ってくれる作り立てのお寿司が食べ放題なので、メンバーからは歓喜の声が飛び交いました。みんなで一緒に食べる握りたてのお寿司の味はやっぱり格別です。こうして、ちょっとリッチな懇親会も大盛況の内に終わりました!

最後に

入社してたった1週間だったにも関わらず主催者側としてジョインさせて頂いたイベントでしたが、ノハナサービスのこと、またメンバーの方々のことを知るとても良いきっかけになりました。たくさんの方に助けていただき、なんとか大きな問題なくイベントが開催されたことに対して感謝の気持ちでいっぱいです!

イベント実施後のアンケートで多く寄せられた意見でもありますが、出てきた良いアイデアについてはそのままで終わらせず、下期目標達成の為、実施に移せたら良いなと思いました。

ノハナではこのような社内外のイベントがたびたび開催されるようなので、これからもどんどん参加し、またこのような形でお知らせできればと思います!

ユーザーイベント「ノハナcafe」を開催しました

こんにちは、ノハナでマーケティングを担当している前田です。

今回は、7/29、8/4に開催した、ノハナのファンコミュニティ「ノハナパーク」参加者限定イベント、題して「ノハナcafe」の様子をレポートいたします。

logo_nohana-cafe3

その前に、ファンコミュニティ「ノハナパーク」のご紹介を

「ノハナパーク」は、ノハナの良さを一番知っているノハナのユーザーさんに、ノハナのアンバサダーになっていただきたいなあ、という思いのもとに開設した、ノハナのファンコミュニティです。Facebookグループを利用して集っており、2016年6月から開始して、これを書いている現在398名の方にご参加いただいています。作成したフォトブックの画像を投稿していただいたり、フォトブックの保管の仕方についてわいわい話し合ったり、リアルイベントを開催したりと、ゆるく盛り上がっています。

イベント「ノハナcafe」の様子

そんなノハナパーク初のイベントとして7/29、8/4に開催された「ノハナcafe」。両日とも夏らしいとても暑い日でしたが、ノハナをお使いのパパママと、0歳から小学生のお子さまたち、合計9組22名様にお越しいただきました。

みなさんには自慢のフォトブックをお持ちいただき、エピソードやフォトブックの作成術をざっくばらんにお話していただきました。参加者のみなさん、やはり他の方のフォトブックに興味津々!

nohanacafe2

私たち、ノハナ運営スタッフも「なるほどー!」と思うような作成術も飛び出すなど、色々工夫しながらノハナを楽しんでいただいている様子には思わずじーん(涙)。要望もたくさん頂きましたので、きっちり社内にフィードバックいたしました。

nohanacafe3

ランチの後には、グラこころさんのポスターをつかった撮影タイムも設けました。

nohanacafe4

こちらのポスター、壁に貼って前で撮影するだけで、オシャレな写真が撮れるすぐれもの!みなさんのスマホやデジカメで、ご自由に撮影していただく形式としました。

参加者の方のアイデアで、ポスターを床に敷き、赤ちゃんたちをごろんさせての撮影もしてみましたが、これがまた悶絶するほどのかわいさ!

nohanacafe5

その他、フォトブックのラインナップやECサイト ノハナマーケットの展示も行い、商品をお手にとってご覧いただきました。

nohanacafe5

イベントで心がけたこと

今回のイベントは、ノハナのコアユーザーである「小さい子どもを持つママ」に近い年代、立場のスタッフが中心となって、企画、運営を行いました。「サービスの使われ方を知りたい!」「新製品についてヒアリングしたい!というサービス運営者としての鼻息荒めな思惑もあったのですが、まずはノハナらしいイベントにするべく、次の2点を意識しました。

・大人も子どもも心地良い時間を

私自身は3人の子どもがおり、親子向けの場所やイベントにはちょこちょこを足を運んでいますが、イベントによっては、大人は盛り上がっているけど子どもは飽きてぐずぐずしてしまっていたり、逆に子ども中心で大人はぐったりというもの、ありますよねー・・・。

ノハナcafeでは、座る場所や、ランチのタイミング、ベビーカーを置く場所や授乳に関する案内をママパパ目線で設定し、赤ちゃんがのびのびとゴロゴロ、ハイハイできるスペースを設けました。また幼稚園や小学生の子にも、年齢に合わせて折り紙や塗り絵を用意して楽しんでもらいました。

会場としてお借りした、代官山のカフェ、birdさんの素敵な雰囲気もあいまって、心地よい時間を過ごしていただけたのではないかな、と思っています。

・気負わずに盛り上がれるコンテンツを

今回のイベントのコンテンツは、ゆる~く気持ちのつながりを持てるような内容で、かつ、量をギチギチに詰め込まないことを心がけました。

初めての場所やイベントへの参加は、誰しも緊張しますよね。ちなみに運営する側も緊張します。今回はアイスブレイクとして、参加者みなさんの共通項、「私のフォトブック自慢」を行いました。ここから、話題は、ノハナ、写真、アプリ、子育て、と良い感じに広がり、まさに気負わずに盛り上がれたのではないかなあと、感じられました。

また、コンテンツを詰め込まないことで、途中出入もしやすく、授乳やオムツ換えも心おきなく自由なタイミングできるようにしました。

結果、参加者の皆さんが終了時間ギリギリまで会場で過ごしてくださったのは、私たちも大変嬉しかったです!

最後に

これからも、ノハナでは、ユーザーの皆さんが楽しくノハナをお使いいただけるようなイベントを開催してまいりたいと思います!

※ノハナパークに興味のある方は、下記のご案内をご覧ください。

ノハナのファンコミュニティ「ノハナパーク」では、
 ・お子様モデル(特に赤ちゃん)の募集、撮影会への参加
 ・ノハナの新サービスのモニター利用
 ・ユーザーインタビューへの参加
 ・お茶会「ノハナcafe」へのご招待
などなど、ちょっとした特典を受けられたり、ノハナスタッフや他のユーザーさんとの交流をお楽しみいただけます。
ご参加いただける方は、下記のFacebookグループから[グループに参加]を押して、承認をお待ちください。
https://www.facebook.com/groups/1733939923547142/
※Facebook のアカウントをお持ちでない場合は、お手数ですが、Facebook に新規ご登録の上、ご参加ください。Facebook のご登録方法の詳細は、Facebookヘルプセンター( https://ja-jp.facebook.com/help/?ref=pf )をご覧ください。

月例会の様子をお届けします

こんにちは、ノハナの大森です。
ポケモンGO、すごいですねー。夏休みに入った息子と捕まえたポケモンのキャプチャをノハナにアップして、図鑑のようにまとめてみたいと思う今日この頃です。

さて、昨日はノハナの月例会が行われましたので、その様子をご紹介したいと思います。

ノハナでは、毎月半ばに月例会を実施しています。社内のコラボレーションスペースに集まり、前月のKPIの達成状況やプロジェクトの進捗状況について、私やプロダクト責任者から報告しつつ質問を受け付け、オープンにディスカッションを行っています。

写真 2016-07-21 16 02 55

せっかくですので、これを機に、ノハナ社が設定しているKPIを紹介させていただきます。

まずノハナでは経営方針として、「1.社員の幸福」「2.ユーザーの笑顔」「3.会社の業績」という優先順位を置いています。「幸せな社員が誇りを持って働くことで、ユーザーに素晴らしいサービスを提供でき、結果的に会社の業績につながる」という、当たり前のことを信じて愚直に取り組むことが結果に繋がると、私たちは経験から学んでいるからです。

そして会社としてのKPIも、この3項目にあわせてそれぞれ設定されています。

■社員の幸福(KPI:模索中)
…と言いながら、最も優先度の高い本項目についてのKPIは、まだ模索中です。一般的には従業員満足度やeNPSといった指標を用いるのでしょうが、現在のノハナの規模にはそぐわないのと、最低でも月次でモニタリングできる指標をKPIにすべきだと考えているので、少し難しいのかなと感じています。そこで現在は暫定的に、「体調(これは週報で自己申告してもらっています)」「残業時間」「社員紹介による採用活動の状況」という3つのサブKPIをモニタリングしています。この3つが良好な状態であれば、概ね社員は幸せであると言えると考えるからです。
※なお、2016年6月は、体調:3.38(5点満点)平均残業時間:22時間となりました。体調は3.5以上、残業時間は30時間以内というのを1つの目安にしているので、体調はもう一歩といったところでしょうか。

■ユーザーの笑顔(KPI:NPS)
ここについては、以前はユーザー満足度調査を参考にしていましたが、項目が多く分かりづらい等の課題がありました。そこで今年度からは、顧客ロイヤリティを計測する指標として近年国内でも注目を集めているNPS(ネット・プロモーター・スコア)という指標を用いています。こちらについては別の機会にお伝えできればと考えていますが、シンプルで全員の向かう方向を統一しやすいため、なかなか有効な指標であると感じています。
※なお、2016年6月は、NPS:31となりました。こちらは目標は高く50を目指して日々施策に取り組んでいます。

■会社の業績(KPI:売上・利益)
業績については、当然、売上・粗利・営業利益といった指標を追っており、ノハナでは全従業員にオープンにしています。実はノハナの場合、年末の年賀状サービスが売上・利益のそれなりの割合を占めますので、短期的な業績に一喜一憂しすぎるべきではありませんが、それでも、社員1人ひとりが意識を持って取り組むことは非常に重要です。

今後も毎月、各KPIの達成状況について共有していければと思います。

さて、私からの会社KPIの発表の後は、各プロダクト・プロジェクトの責任者からそれぞれ報告してもらいました。写真は、ノハナ事業部副部長の向田。

…みんな深刻な表情をしているように見えますが、実際はもうちょっと和やかにやってます(笑)

写真 2016-07-21 16 19 02

 

また今月は、新卒3名で手がけた「くまもと笑顔プロジェクト」の報告もあり、新卒エンジニアの轟(ロッキー)が立派に発表役を務めました。親会社であるミクシィの人事担当も温かく見守ってくれ、発表後には先輩社員から温かい拍手が。緊張したかと思いますが、お疲れ様でした!

写真 2016-07-21 16 30 44

一連の報告が終わった後は、頑張った1ヵ月をみんなで労いたいとの思いから、みんなでおやつを食べるようにしています。今月はハーゲンダッツのアイスクリームを用意しました! すごい争奪戦が繰り広げられております。

写真 2016-07-21 16 56 17

写真 2016-07-21 16 57 53

「同じ釜のメシを〜」ではありませんが、やっぱりいいものですね。

これからノハナは年末に向けて忙しい時期に入っていきますが、引き続き、社員一同、走り続けていきたいと思います!

1 2 3 4